水槽の苔対策

水槽の苔対策

水槽を購入して魚を育てはじめたけれども、苔が出てきてしまい困ったという経験はありませんか。何とか苔を除去したいもののどのようにしていいかわからないといった方に気をつけてほしいことは、日常の管理がしっかりすることです。たとえば、水槽を置く位置に問題がある場合もあります。苔は直射日光が入ると増えてしまうので、窓際に置いて置かないようにしましょう。置く位置を変えただけでも十分改善します。そして魚を購入したことがうれしくてついつい餌を多く与えすぎていませんか。餌は魚は必要な分しか食べないので上げ過ぎる必要はありません。適度な量を与えるように心がけてください。簡単なことを変えるだけで苔対策となります。難しい知識もいりませんし、特別なことをする必用もないのです。もし苔が水槽に出てしまった場合は網で取ったり、壁面はスポンジで掃除をしましょう。放置してしまうことは一番よくないことです。水を換える頻度と量を気をつけることも苔対策となるので気をつけるようにしましょう。

魚が過ごしやすい水槽の環境作り

魚の飼育は、水槽の環境によって長く生きられるかが決まります。
単品で買うよりも、セットで色々とついているものを買った方が、とりあえずは必要なものが揃います。
飼育の上で一番大切なのは水です。
水だけは、細心の注意が必要であり、セットの付属品で異物を取る装置が付いているならば良いですが、なければ必ず買いましょう。
それを使うと、異物を取り除きながら、空気を水の中に含ませるので、水の心配はほぼ解消されます。
さらに、水槽用の細菌を水に含ませると、異物を分解しながら、魚にとってより快適な環境が作られます。
他に、魚はデリケートな生き物でもあるので、隠れ家が必要です。
隠れ家の置き物は、種類がありますから、自分の好きな置き物を買えば、楽しさが広がります。
それだけではなく、草も隠れ家になるために、その配置も楽しめます。
掃除は、なるべくこまめにした方が良いです。
掃除は下に敷いている砂利の掃除で、手間はかかりますが、異物を除去する装置を使っているとはいえ、ゴミがたまりやすい場所です。
注意したいのが、細菌を水に含ませている場合、掃除をする際に水は全部捨てずに、ある程度残します。
細菌は水中の中で育つために、強くなった細菌の全てを捨てるのはもったいないです。
掃除が終わると新しい水を注入しますが、水道水をそのまま注入することは避け、最低1日でも水道水をバケツで放置し、その水を使います。
魚が快適に暮らせる環境を作り出すことができれば、魚は元気よく泳ぎ、水槽を眺める楽しみが増えます。

Valuable information

ブラックフレイムコラボのiphoneケース販売
http://www.rakuten.co.jp/ecase/
おすすめのレディースシューズ
http://www.guitar-sheep.com/
生地
http://nuno1000.net/
石垣島 ダイビング
http://diveparappa.com/
ノロウイルス 消毒液
http://optimallife.jp/?pid=66089301